沿革

ユニシティは、2001年にエンリッチとレクソールという2つの会社が統合し設立されました。

レクソールは、自ら製造し特許を取得した薬を小売販売するドラック ストアとして、1903年に誕生、1990年にダイレクト センタリング企業となり、2000年にロイヤルニュミコ社の傘下に入りました。

エンリッチは1972年に設立され、ハーブの成分をカプセル化する技術を開発・事業化した初めてのネットワーク ビジネスの会社です。1999年にエンリッチがロイヤルニュミコ社の傘下に入り、2001年レクソールと統合、ユニシティ ネットワーク社が誕生しました。

ユニシティ ネットワーク社は、2003年に完全独立企業となり、今日のユニシティ インターナショナル社が誕生しました。現在では世界中の30以上の国と地域にその拠点を持つグローバル カンパニーとして成長を続けています。